秘書の正社員を希望の方要チェック!面接に強くなるために/Work Provider
>トピックス>秘書の正社員を希望の方要チェック!面接に強くなるために

秘書になりたいなら

秘書になりたい方は、求人情報を探したり面接を受けたり求職活動に励んでいる方も多いかと思います。その際に、気になる疑問が浮かんできませんか?ここではみんなのよくある質問をまとめてみたので参考にしてくださいね。

秘書を目指す方はチェック!よくある質問

秘書に転職したいです、秘書求人サイトってありますか?

はい、あります。中には転職サポートを行っている企業もありますから、転職が初めての方でも安心ですよ。

証明写真の撮り方でおすすめはありますか?

証明写真であなたの印象も決まりますから、手軽に撮影できるスピード撮影よりもきちんと写真屋で撮ってもらうことをおすすめします。

面接で好印象を与える方法はありますか?

まずはきちんと身だしなみを整えましょう。頭の先から足の先まで気を抜かないようにしましょう。メイクや髪型など派手にならないように気をつけましょう。香水は控えてください。

女性

事務職の経験がある人

秘書の正社員を採用する時には、事務職の経験がある人を採用する事が多いです。秘書の仕事は、電話応対やお客さんの対応などがあり事務職の経験を生かしやすいです。つまり、事務職の経験があれば、スムーズに秘書の仕事が出来るという事から、事務の経験がある人を採用する事はメリットがあります。事務職の経験に関しては、正社員だけでなくてアルバイトや派遣の経験も高く評価されることがあり、正社員の経験がないから採用されにくいと考えない事が大事です。また、面接では今までの事務職や秘書の経験について聞かれる可能性があり、その時にどのような仕事をしてきたのかを明確にアピール出来るようにします。

面接でのマナーが良い人

会社が秘書の正社員を選ぶ時には、面接でのマナーを重視している事が多く、正しい敬語を使っていたり服装や髪が清潔だと採用される可能性が高いです。秘書として働く時には、会社にとって重要なお客さんと会話する事があり、ビジネスマナーが身に付いていないと秘書の仕事をしていくのは難しいです。そこで、面接ではビジネスマナーが身に付いているのかをチェックしている事が多く、例えば秘書の経験がありスキルが高い人でも、面接マナーが悪ければ採用されないです。面接に挑む時には、着ていくスーツをクリーニングしたり、髪を黒くしたりするなど身だしなみを整えて、秘書として相応しい事を採用担当者にアピールします。

広告募集中